江戸凧保存会について

江戸凧保存会は、江戸時代より受け継がれた伝統的な東京の凧「江戸角凧」をこよなく愛し、この素晴らしい伝統技術を後世に残すことを目的としています


発足・経緯

  • 1976年(昭和51年)11月 設立
  • 当会は発足にあたり、故茂出木心護氏(初代日本の凧の会会長)から、「伝統の江戸角凧の愛好家が少しでも増えて、技術の向上発展等に寄与できるものならば」と了承を得て結成された。
  • 当会の目的は「伝統的な江戸角凧(江戸中期)の制作技法を継承し後世代に伝える」事であり、会員としては、唯単に凧が好きと言うのでは不足であって、目的の具現に努めることが要望された。
  • 発足当初は江戸角凧の名人と称された、故太田勝久氏が会長で、総員7名であった。
  • 現在会員は14名、美術工芸品的な名作を作る会員もいる。

歴代会長

 歴 代 会 長   就  任
初代会長 大 田 勝 久 昭和51年11月~
第二代会長 水 谷 健 一 昭和60年6月~
第三代会長 五 十 嵐 正 市 平成14年6月~
第四代会長 加 藤 吉 伸 平成26年5月~

組織・役員

役   員    名  前  そ の 他
会   長 加 藤 吉 伸 日本の凧の会会員
事 務 局 中 川 五 郎 日本の凧の会会員
会   計 中 島 裕 之 日本の凧の会会員
会 計 監 土 岐 幹 男 日本の凧の会会員


年間スケジュール 【平成28年度】

江戸凧保存会の本年度の主な活動は下記の通りです。その他、毎年様々な大会への参加や、イベント・研修会などを通じて凧作りの技術向上、会員相互の親睦をはかっています。

   日   時   内   容 場  所
平成29年4月23日 江戸凧保存会
役 員 会
会 長 宅
平成29年5月21日
   ~22日
江戸凧保存会
総会・凧あげ会開催
九十九里
平成29年10月8日
   ~9日
日本の凧の会
越後全国大会参加
新 潟
平成29年11月頃 九十九里
凧上げ合宿開催
九十九里
平成29年12月24日 日本の凧の会
第4回凧市参加
築地本願寺

  定例凧揚げ会  毎月第2土曜日   江戸川グランド

 ※江戸川グランド 江戸川区篠崎町3丁目地先  駐車場あり      

活動エリア

江戸凧保存会のメンバーは東京、埼玉、千葉、山梨などを中心に各地にて活動しておりますが、保存会全体での活動は、主に以下の場所で行っています。

★総会・凧揚げ合宿★

【本須賀海水浴場】  千葉県山武市本須賀3841-72

  

 ★定例凧揚げ会場★

江戸川グランド】 江戸川区篠崎町3丁目地先